妖怪ウォッチ情報局

妖怪ウォッチ、メダルなどの情報を配信します

・妖怪Pad関連のメダルの音声
・全音声を鳴らすアプリ!
・iPhoneからウォッチを鳴らす!
・改造してウォッチ全音声を聞く!
・万能メダルを作る
・音声パターン確認アプリ!
・妖怪メダルの音声解析!
・Z/古典(零式)メダルの音声解析!
・持っているメダルの価値を調べる

しばらくこちらの万能メダルで遊んでいましたが
パターンを認識したところでいちいちメダルの突起を変えさせるのは飽き性の子どもたちには難しいみたいで、
もっと手軽に音を鳴らせるようにウォッチの方を改造してみました


こんな感じです。
音バレしますので注意してくださいね。

最初と最後の雑音はうちで飼ってる鈴虫です笑

是非夏休みの自由研究にでもやってみてくださいね。
うちはまだ子どもが小さいので、私がやるだけです笑

つくりかた

4桁の数字を入力するのは、工作が面倒なので簡単にシリアル通信できるようarduinoを使います

その辺に転がっていたarduinoで。
今はUNOなんですね。古いのでdiecimilaです笑

【永久保証付き】Arduino Uno
スイッチサイエンス
売り上げランキング: 2,130

必要なもの

・Arduino(今ならUNOかな)
・はんだ
・半田ごて
・電線何本か
・ブレッドボード(なくてもよいよ)
・2mmくらいのドリル
・ピンヘッダ(6ピン)
・ピンソケット(6ピン)

半田ごて、半田は100均で十分と思いますよ。
ホルダーも買ってくださいね。

コンセプト

コンセプトとしては、見た目に改造とわからないように、簡単に取り外せるように、ということにしました
お友達と持ち寄ったときにクオリティが低いと、ちょっと笑っちゃう感じになりますからね

むき出し基盤は格好いいですがスイッチ等の入力ネイキッドネイティブ部品(私はこう呼んでいるのです)はあまり格好良くないので..

早速工作します

IMG_1781

裏蓋を開けるとスイッチが見えます

IMG_17512

このスイッチを押下することで、この部分がHighになります
基準電圧は4.3Vくらいです
コイン電池3つなのでそんなもんですね

IMG_17513

電源はこの部分から取れますが、
4.3Vくらい、と安定しないので
外部電源を使います。
マイコンには中途半端ですので
GND(BAT-)のみ利用します

IMG_1782

これらスイッチと電源とGNDの計6本をピンソケットに半田付けします

IMG_1751a
かなりスペースが限られていますが、この位置に穴を開けてピンヘッダを接続するようにしました
スペースを確保するために、内側から少しリューターで削っています。

SK11 ピタガン GM-100
SK11(エスケー11)
売り上げランキング: 45

ピンソケットはグルーガンで絶縁しました。ザ・ダイソー。

IMG_1778

見た目にほとんどわからないでしょ?

IMG_1784
そして接続を間違えないように、arduinoに接続してプログラムを書きます

このプログラムいります?

IMG_1785

ブレッドボードに2列のピンヘッダは扱いにくいので、必要であればコネクタケーブルも作ってくださいね

Arduinoへシリアル通信で4桁の数字を入力すると音声が鳴ります
4桁の数値というのは、この表に基づいて
最後の入力完了トリガパターンを除く
12桁の二進数を10進数に直したものです。

また、
幼稚園児にパソコンで数字を入力させるのは不可能笑なので
ローカルに立てたruby on rails(+websocket)アプリケーションにiPadから接続して操作させています
こんな感じで

yokai_arduino_02

お父ちゃん、こどもの自由研究にどうぞ!
子どもさん大興奮間違いなし

全音声動画はそのうちアップしますね

次回は外でみんなと遊べるように、
BLE接続でiPhoneから操作できるようにしてみます

全ての作業は自己責任でお願いします。
零式の方も欲しいな…

と書いたところで
先にAVRでやってる人がいた..
まあこちらはruby on railsとの連携と取り外し可能ということで笑

7月 28th, 2014

Posted In: 妖怪ウォッチ, 妖怪メダル, 改造, 音声解析

タグ: , , , ,

12 Comments

  • hikaru より:

    楽しく読ませていただきました!
    すごいですね。
    差し支えなければぜひプログラムが欲しいです。
    私も作ってみようと思います!

  • 国野亘 より:

    このサイトの情報を利用させていただき、赤外線リモコンを使って妖怪コードを受信するようにしてみました。
    テレビ用のリモコンの「チャンネルボタン」でコードを入力したり、選曲ボタンの「上」で次のコードを再生します。
    リモコン受光部を妖怪ウォッチのLED部に取り付け、リモコンと妖怪ウォッチを対向させて使用します。
    特長は、ボタンや接続端子の取り付けといった妖怪ウォッチの外部の加工を行うことなく、妖怪ウォッチ内にすべてを内蔵することができる点です。
    作成したスケッチは下記にあります。

    http://www.geocities.jp/bokunimowakaru/diy/arduino/download/yokcode1.zip

    つきましては、当方作成のスケッチを当方サイトにて公開・配布してもよいでしょうか?
    貴殿からの許可が得られれば、Arduinoをウォッチ内に組み込む方法を含め、製作方法も記事にしたいと考えています。

    よろしくお願いします。

    • yokaiadmin より:

      こんにちは!
      テレビなどのリモコンなら子供でも触れますし、おもしろいアイデアですね!
      対応表を手元に数字入力ということは数字の勉強にもなりますね

      Arduino自体をウォッチに組み込むというのもすごく興味があります
      ぜひ記事にしてくださいませ!
      参考にさせていただきます

      公開の折にはこちらへリンクでも張っていただければ非常に嬉しいです

      • 国野亘 より:

        どうも、ありがとうございます。
        もちろん、公開時にリンクさせていただきます。
        組み合わせが1024個もあるコードを一つ一つ確認して232個を抽出されたのは、なかなか根気の必要な作業だったかと思います。コード表も一つの成果ですが、そのコード表からコードの範囲や規則性もわかり、製作時間の短縮が図れました。
        完成したらお知らせいたします。

      • 国野亘 より:

        まだ途中ですが下記に製作方法を公開させていただきました。

        http://www.geocities.jp/bokunimowakaru/diy/arduino/yokcode1.html

        ありがとうございました。

        • yokaiadmin より:

          記事、非常に楽しく読まさせていただきました
          なるほど、avrにarduinoのブートローダを書き込むのですね、
          あのデカイのをどうやって入れるのだろうと思ってました笑

          きちんと収まっているのに感心しました

          また、パターンの入力に適切なものは何か、というのは
          私も若干悩みました。
          1024あるので、物理スイッチを使用すると数を減らしても組み合わせの理解が子供には絶対無理なので。
          赤外線リモコンは一つの解としてありですよね。

          零式(赤モデル)の音声解析も一応完了しているので
          改めて表を公開いたしますね

          ちなみに音声解析は、音声を自動処理しているので
          ボタン押して集計するだけなんです
          ただし、パターンが存在する時のみ聞き取りが必要ですが笑

          また、おもしろい改造を期待しております!

          • 国野亘 より:

            ご覧いただきありがとうございました。
            ぜひ零式も公開していただけると助かります。とはいえ、今回の内容は、私のサイトに訪れる人の客層とは、少し異なる傾向の内容なので、当方がウェブページにするまでには時間がかかるかもしれません。
            パターン捜索は自動だったのですね。それでも、そのアイデア、ソフト製作やパターン表作成といった価値ある成果に変わりないと思います。
            これからもよろしくお願いします。

          • 国野亘 より:

            お世話になっています。
            零式のパターンの有効範囲を手探りで調べていました。しかし、散らばっており抜けがないか心配です。
            貴殿のほうは「音声を自動処理」と書かれていたので、正確な有効範囲の情報をお持ちかと思います。
            フォーマットは気にしないので、提供していただくことは可能でしょうか?

            もしくは、私が見つけたのは下記の範囲なのですが、抜けがないか教えていただけないでしょうか?
            (数字はメダルの上から3桁の16進数コードを10進数に変換したものです。SW3をLSB、SW6をMSBとしています。)

             零式の範囲
             0:  339~ 351
             1:  857~ 863
             2: 1617~1617
             3: 1619~1619
             4: 1624~1631
             5: 1873~1887
             6: 2139~2139
             7: 2141~2142
             8: 3090~3281
             9: 3484~3487
             A: 3505~3508
             B: 3510~3522
             C: 3665~3679
             D: 3921~3934

            お手間のかからない方法で良いので、お願いいたします。

  • Lee より:

    こんにちは。
    説明と動画よく見ました。
    情熱が尊敬に思います。

    気になることがあります。
    言語を日本語から英語に変えありますか?

  • 未来くん より:

    本格的な改造ですね。
    私の場合、小学生でもできそうなボタン式電池を使わなくする改造(?)をやってみました。
    「DX妖怪ウォッチ タイプ零式」をエコ改造(?)してみました
    http://eee-life.com/bb/a/112
    こちらの本格的な改造のことを少し紹介させていただきました。
    (すいません。電池の蓋の中の写真を取るのを忘れたので使わせていただきました~)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>